Softの最近のブログ記事

前の10件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

Windows 8.1 Embedded その3

| コメント(0) | トラックバック(0)

中古PCはEmbeddedで延命できるか・・・ということで、中古2000円ポッキリで買ったLet'sNote(CF-T2)にインストールを試みるも、敢え無く失敗。

エラー画面も何かおかしく、リペア画面?が出て、「このCPUには4GB以上のメモリ領域へアクセスする機能がない」とかいう文章が英語で出る。

そんな機能必要なの?Win8?
なんとか実行防止機能みたいなのは必要ってあった気がするけど。

ってことで、いまだに、XPのまま。

ThinPC(Win7ベース)にしてもええんですが、そこまでする必要もないかと断念。

Windows 8.1 Embedded その2

| コメント(0) | トラックバック(0)

試しにx64版もインストールしてみましたよ。

ディスク使用量は少し増えて8~9GB。

さて、64bitということで個人的にはHyper-V使えるかってことが一番気になるんだけど、仮想マシン上では機能の有効化ができないので推測になるけど、有効化のツリーにはグレーアウトながらも項目だけは存在しているので、こいつは使えそう。

ノートPCにHyper-Vを構成する場合に親パーティションが使用するメモリ容量とHDD容量は絶対に無視できないが、Embeddedならそれを減らすことができる(はず)。

これは、実機で試さないといけない。

英語版と日本語版

| コメント(0) | トラックバック(0)

Azure仮想マシンで簡易作成でWindowsを選択すると、英語版なわけですよね、普通。

そのままでは理解半分な日本人なので、日本語化しますよね。

言語パックインストールして、ロケールとかシステムデフォルトとか変更して、日本語版にするわけですよ。

って、できたものは、日本語版?

じゃないんですね。

日本語版isoイメージでインプレースアップグレードすると、これが、失敗するんですよね。

失敗っていうか、英語版じゃないって怒られる。

x64とx86とか以外にも、確認すべき項目でござった。

Windows 8.1 Embedded その1

| コメント(0) | トラックバック(0)

F-07Cにインストールした、Windows 8は重過ぎなので、どうにかせにゃならんと考えていたが、とあるきっかけで、Embeddedでいいじゃんということに。

まず、インストールできることを確認してみるため、Hyper-V環境に、

  • CPU:1Core
  • MEM:1GB
  • VHD:10GB

の環境を作成してインストールしてみたところ、余裕で入ったことが驚き。

とはいえ、ThinPC並みの4GBでは無理だけど。

32bit Industry EnterpriseでHDD使用量は6~7GB程度。

最近の32GBタブレットには十分な模様。

F-07Cにも余裕がありそげ。
#F-07C用にアップデート出しちゃえばいいのに>富士通。

同じ富士通だけど、LooxU50Xにも入れたいと考え中。
#確か、SSD入れたところで放置してたかと・・・

CDのスリムケースくらいのサイズで、Windows Embedded端末どこか、出さんかね?
ハードウェアテンキーとトラックポイント(アキュポイント)付きで。

アジュールにあれ

| コメント(0) | トラックバック(0)
アニバーサリー的な意味も込めて一応できた。
Azure に WindowsXP。
でも。
西日本リージョンにデプロイしたんだけど、ニコニコチャンネル見れへん。
なぜか、視聴不能地域認定。
海外からの国内アクセスのみのサイト閲覧とかに使えるかなって思ってたけど、うまくはいかないってことか。

な、なんだってー

| コメント(0) | トラックバック(0)

W4-820についてやったことだけ書く。

  1. VHDブートでWindows2012R2を設定→起動できず(64bit非対応と怒られる)
  2. VHDブートでWindows8(64bit)を設定→起動できず(64bit非対応と怒られる)
  3. VHDブートでWindows8.1(32bit)を設定→起動できた

何の制限かは分からんけどW4では64bitWindowsが動かないということか・・・

俺が欲しかったのはコレジャナイ。

足掛け2年の奮闘中

| コメント(0) | トラックバック(0)

あけてしまいました。

で、W4-820の64bit化ですが・・・できてません。

BIOS(電源+Vol↑)で、パスワード設定すると、Secure BootをClearしたりDisableしたりできるのですが、F12しても、WindowsのShift+電源断で別デバイスを選んでも、結局のところ、Windows Boot Managerしか出てこねぇ。

USBメモリもFAT32にしたのに、だ。

ちくしょー!!

BOOTP使ってもいいけど、結局失敗しそうだしなぁ・・・

で、また案をば。

その1。
Windows Boot Managerにはブートエントリを追加できるので、別マシンでOSイメージ(vhd)を作成して、そいつを起動させたらどうよ。

その2。
でも、こんな状態で、リカバリってできるのかよ・・・
ってことで、リカバリディスクが起動できるなら、そこにセットアップ一式を放り込んだらどうよ。

あ゛ーーーー面倒だな!!
これで実は、eMMCドライバが無いからとかいうふざけた理由だったらごめんなさい。
#でも、ドライバが無いときはディスク選択ができないだけで、インストーラは起動するからなぁ。

Acer W4-820買ったんです。

んー、で、CPU、64bit対応なので64bitOSをインストール・・・

できてません。

なんでかなー。

F12 boot selectしてもUSBメモリ出てこねえええ!

セキュア設定か何かが邪魔してるのか分からん。
#設定変更方法も分からん。

当然ながら32->64のインプレースアップグレードはできん。
#セットアップが64bitだから。

他の媒体(DVD,SD)でも試してダメなら、仕方ないので、F-07Cと同じ方法でやってみるです。

64bitにできると、Hyper-Vもできるし、素敵ライフが実現ですよ。

そう、あと、必要なのは、時間だけだ!!

Azureで開発

| コメント(0) | トラックバック(0)

ある事情から、Azure上に開発環境を用意してみましたよ。

まぁ、お試しレベルだけど。

雛形選択して作るやつなので、超簡単。

起動までなら確かに10分ちょっとでできる。

やり方は、自習書とかオンラインで公開してるのでググれ。

でも、一番気になるのは、やはり料金のことじゃないだろうか・・・

要求も何とかする

| コメント(0) | トラックバック(0)

過去、IISの応答を書き換えたが、ひょんなことから、今度は要求を書き換える必要が出てきた。

んで、調べると、やはりリクエストもフィルタを用意せにゃならんらしい。

面倒です。

でも、ちょっとづつやらかします。

今度は、ちゃんとやるですよ。
#応答書き換えは適当。
http://blog.fne.jp/2010/01/iis.html

前の10件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

サイトカウンタ

Total: 211,632 Hits, (Recent24Hours: 0 Hits)
~ Since 2010/01 ~

埋め込みツイッター

取得失敗;;
Now: 2019/03/19 19:19:04 JST

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちSoftカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはHobbyです。

次のカテゴリはStudyです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2019年3月

 日   月   火   水   木   金   土 
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

埋め込みQRコード