1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

毎回設定が必要なの

| コメント(0) | トラックバック(0)

System.Net.Sockets.Socketクラスには、ReceiveTimeoutというプロパティが存在する。

Receive開始から指定時間受信データが無いと例外を吐いてくれるらしい。
※この例外が必ずしも出るとは限らないみたいなのと他のと同じSocketExceptionで、困るのはまた別の話。

で、Socket作成して、プロパティ設定して・・・でOKだと思うのが普通。

しかし、このプロパティ、どうやら一度でもタイムアウトを発生してしまうと、0値扱いになるらしく、受信が即終了してしまうことになる。

つまり、タイムアウトをやりたければ、受信前には必ず設定しなきゃならんってことらしい。

多分送信も同じ。

であれば、メソッド呼び出しにタイムアウト値引数を取れるようにしておいて欲しいなって思う。

ってことで、仕事なんですが。

やっと開発案件なのですが。

.NET なのですが。

複数プロセスで連携とかやる羽目に陥っちゃうわけですよ。

ぶっちゃけ、なんでか分からんのですけどね。

マルチスレッドでえぇやん。ってのは本音。

で、プロセス間連携に、WCFを使うことを思い立つわけ。

主に名前付きパイプで実装してみるところまではできるんだけど、落とし穴がでかい。

ま、俺もよく知ってるわけじゃないから、認識を誤ってることがある可能性は否定できないのだが・・・

復活してみた

| コメント(0) | トラックバック(0)

なにやら、内蔵WiMAXモジュールがお亡くなりになったらしく。
#仕事が超忙しい時に限ってこれだからなぁ・・・

2週間くらいこのサイトもシボンヌだったようでございます。

で、もう、WiMAXに見切りをつけるときかなって思いまして。

WiMAXだとプロバイダによってはグローバルIP貰えてたりするので、こういうサーバを構成するにあたり、かなり重宝だったのですががが。

さすがに、最近のWiMAX速度低下は目に余るものがあるので、何とかIPアドレスの必要性と、回線種類を切り分けられないかとととと。

久しぶりに書く。

たとえばだ。
上書きインストールしたいけれど、実行ファイルがロックされている場合、次回起動時にファイル置換を予約して、再起動を促したりする。

でも、.NETなら、ShadowCopyFiles = "true" した AppDomainSetup を指定して作成した AppDomain を使用すれば、そのAppDomain 内では アセンブリのシャドウコピーが働いて、実行ファイルとかのロックが行われないようになる。

仮に実行ファイルを削除しても、動き続けるプロセスってのが実現できたりする。
※悪用できそうな気がしますが、そういう目的ではありません。

でも、ここであることに気づく。
ASP.NETの場合は、IISとかがAppDomainを用意してくれるからできている。
単体実行ファイルの場合はどうすんの?
さて。

次回があれば続く

漢らしく、環境変数だけでやってやれ。

SET YY=%date:~0,4%
SET MM=%date:~5,2%
SET DD=%date:~8,2%

@REM ゼロを補正
IF "0"=="%MM:~0,1%" SET MM=%MM:~1,1%
IF "0"=="%DD:~0,1%" SET DD=%DD:~1,1%

@REM 曜日計算(ツェラーの公式より)
SET /A PARAM1 = %DD%
SET /A PARAM2 = 26 * ( %MM% + 1 ) / 10
SET /A PARAM3 = %YY%
SET /A PARAM4 = %YY% / 4
SET /A PARAM5 = %YY% / 100
SET /A PARAM5 = 5 + %PARAMC% + %PARAM4%
SET /A WW = ( %PARAM1% + %PARAM2% + %PARAM3% + 2 * %PARAM4% + 5 * %PARAM5% ) %% 7 + 1

ECHO %WW%
@REM Week s m t w t f s
@REM %WW% 1 2 3 4 5 6 7

これで環境変数WWに曜日を表す数値を取得できる。多分。

明けていました。
冬休みは大晦日と三が日だけでした。

で、なにやら、Hyper-Vも仮想のネストができるようになったらしいので、Windows10 Enterpriseの評価版で試してみましょうと。

やり方の概要としては、
1. 作成した仮想マシンに対し、おまじないをする。
2. 仮想マシン上でハイパーバイザを有効にする。
でできるらしい。

だったら、vSphere( VMware ESX(i) )とかも載るんじゃね?って思うじゃないですか。
中を知らない素人なら当然のことです。

からだこわれる

| コメント(0) | トラックバック(0)

久しぶりですが、恐らく、これが今年最後の投稿です。

どうやら体調がボロボロです。

勤労感謝の日にぎっくり腰しました。
かなりひどくぎっくり腰しました。
動けないこと山の如し。

でも、翌日仕事ですよ。
代理の人もいないなんて、リスクヘッジ無しですよ。
#まぁ、有給残も無いんですけどね。

首のヘルニアのせいなのか、寒くなってきて、肩(特に左肩)が異様に痛くなっています。
左足のしびれもなくなりません。

あと、目ですか。目もダメですね。
今のところ視野には問題ないって検査結果もらってるけど、一旦拡大した陥凹はもう治らんし。

非常にお疲れになった今日この頃でござる。
胃腸の調子もよろしくなさげ。
ということで・・・

睡眠時無呼吸症入門

| コメント(0) | トラックバック(0)

そういう結果。

俺寝てるときに呼吸ときどき止まってるらしいです。

血中酸素濃度も低下してるらしいです。

どうりで、体力出ないわけですわ。

まぁ、まだ軽いほうらしいけれど。

呼吸停止の原因は気道確保ができてないかららしい。

ということで、顎が落ちて舌で喉を潰さないように、マウスピース作ってきました。

歯を固定することで顎落ちを防ぐってことらしいっす。

口の中にものを入れるとどうなるか・・・

ずばり、よだれが出ます。

口が閉まらないので、よだれが垂れます。

よだれで溺死しないか心配ですが、何とかなってるっぽいです。

VHDXで作っちゃったんだけど、VHDが欲しい、でも2012R2とかのHyper-Vマネージャが近くに無い!って困ってしまう方々に捧げます。
ニッチ過ぎやね。

  1. VHDXへローカルアクセスできる環境を、Windows8.xのインストールCDで起動します。
    #評価版でもOK。32bit版でもOK。
    #インストールCDをコピーして起動可能にしたインストールUSBメモリなんかでもOK。
  2. 言語選択画面が表示されたら、Shift+F10でコマンドプロンプトを開きます。
  3. DiskPart
    コマンドを実行します。
  4. Create Vdisk File="変換後VHDファイルフルパス" Source="変換前VHDXファイルフルパス"
    を実行します。
    #フルパスは、ドライブ名が違う可能性があるので、もう1枚コマンドプロンプトを立ち上げて、要確認。
    #自動拡張にしたい場合は、Type=Expandableを追加指定します。
  5. 100%の表示を確認した後、インストーラを終了します。

で、変換(内容コピー)できます。
コピーなので、空き容量にはご注意を。

VHDX⇔VHDの変換にHyper-V役割なんて要らんのです。

スイッチ

| コメント(0) | トラックバック(0)

人というのは、ときに普通ならば作らないはずのものを作ってしまうのです。

事の発端は、Excelでファイルが開けない、無応答になるというものでした。

何回、何十回と体感するうちに、あ、これは無限待ちじゃないかと思うようになりました。

そして、ふとした閃きでLANケーブルを抜いた状態で、同じファイルを開くと・・・なんとストレスなく開けるじゃないですか。

ここで:

何らかのネットワークアクセスがあるのではと疑い、パケットとか調べちゃうのは、ネットワーク屋さん。

Excelファイルに何かよからぬリンクが無いか確認しちゃうのはプログラマ。

さて、私はというと・・・

ま、とりあえず、両方やろうとしましたし、なんとなく変なリンクも見つけはしましたが、それじゃなにも解決にならないと。

そういうExcelファイルにいつ遭遇するか分からないし、遭遇するたびに解析なんてしてる時間は勿体ない。

LANケーブル抜けば解決するなら、Excelファイルをローカルに持ってきてケーブル抜いて開けばいいと。

でもね、LANケーブルのコネクタって、あの爪って結構脆かったりするんです。そうでなくとも、デスクトップPCの裏に手をまわして抜くとか、隠れたところに置いてあるHUBから線を抜いてまた挿すとか、面倒だし、間違えて他の人のLANケーブル抜いたりしたらマズイわけですよ。

じゃぁ、ケーブル抜かずに、切断するには・・・スイッチ付ければいいって考えたわけです。

早速、4回路連動のスイッチを購入し、LANケーブルじゃないTELケーブルをはんだ付け。
RJ11コネクタを切り落として、RJ45コネクタにすれば、4芯ながらもLANケーブルの出来上がり。
100MbpsまではOKですので、ビジネス用途には十分です。

簡単にLANの切断ができるスイッチ付きLANケーブル、用途は・・・・ほとんどありません。

でも、例えばウィルス感染時に一瞬でLAN切断できるのは便利ですね。
#あまり機会が無いので、スイッチの存在を忘れてしまいそう・・・

ってことで、暫定対応の完了でございました。

-- 材料 --
4回路スイッチ:350円
LANケーブル延長コネクタ:300円
TELケーブル(5m):個人在庫
RJ45端子:個人在庫

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

サイトカウンタ

Total: 191,739 Hits, (Recent24Hours: 7 Hits)
~ Since 2010/01 ~

埋め込みツイッター

取得失敗;;
Now: 2016/10/01 15:57:40 JST

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

最近のコメント

2016年6月

 日   月   火   水   木   金   土 
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

埋め込みQRコード