1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
Windows 10 IoT Core をインストールしてみたよ。

予告どおり受けました。

って、かなり前に受けたんですけどね。

532から1週間後に受けたので、当然教材は例の533セミナー資料のみ。

残2チケットの1回分。

試験対策は、前回 70-533 で使った 533 試験対策セミナーの資料のみ。

そのほかにこれといった対策はなし。

ダメ元でサクッと受けてみました。

そう、AzureのMCPを受験しようと思い立ったのは、5月の連休前くらい。

ちょうど、70-697の受験申し込みをしたくらいの時期でした。

久しぶりに、MCP受けてきました。

Windows10の必須試験ですよ。

System.Addinを使う

| コメント(0) | トラックバック(0)

めずらしく開発ネタですよ。

System.Addin、
.NET Frameworkに用意されている、アプリケーションにアドインとかプラグイン機構を作りこむためのライブラリ。

あけおめ、ことよろ、福は内。

久しぶりの投稿。生存報告。

最近、小さいPCが安く買えますよね。

でも、ストレージ容量が心もとない、そんな私。

メモリやCPUは仕方ないけど、ストレージはなんとかなるんですよ、ってことで。

毎回設定が必要なの

| コメント(0) | トラックバック(0)

System.Net.Sockets.Socketクラスには、ReceiveTimeoutというプロパティが存在する。

Receive開始から指定時間受信データが無いと例外を吐いてくれるらしい。
※この例外が必ずしも出るとは限らないみたいなのと他のと同じSocketExceptionで、困るのはまた別の話。

で、Socket作成して、プロパティ設定して・・・でOKだと思うのが普通。

しかし、このプロパティ、どうやら一度でもタイムアウトを発生してしまうと、0値扱いになるらしく、受信が即終了してしまうことになる。

つまり、タイムアウトをやりたければ、受信前には必ず設定しなきゃならんってことらしい。

多分送信も同じ。

であれば、メソッド呼び出しにタイムアウト値引数を取れるようにしておいて欲しいなって思う。

ってことで、仕事なんですが。

やっと開発案件なのですが。

.NET なのですが。

複数プロセスで連携とかやる羽目に陥っちゃうわけですよ。

ぶっちゃけ、なんでか分からんのですけどね。

マルチスレッドでえぇやん。ってのは本音。

で、プロセス間連携に、WCFを使うことを思い立つわけ。

主に名前付きパイプで実装してみるところまではできるんだけど、落とし穴がでかい。

ま、俺もよく知ってるわけじゃないから、認識を誤ってることがある可能性は否定できないのだが・・・

復活してみた

| コメント(0) | トラックバック(0)

なにやら、内蔵WiMAXモジュールがお亡くなりになったらしく。
#仕事が超忙しい時に限ってこれだからなぁ・・・

2週間くらいこのサイトもシボンヌだったようでございます。

で、もう、WiMAXに見切りをつけるときかなって思いまして。

WiMAXだとプロバイダによってはグローバルIP貰えてたりするので、こういうサーバを構成するにあたり、かなり重宝だったのですががが。

さすがに、最近のWiMAX速度低下は目に余るものがあるので、何とかIPアドレスの必要性と、回線種類を切り分けられないかとととと。

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

サイトカウンタ

Total: 203,439 Hits, (Recent24Hours: 34 Hits)
~ Since 2010/01 ~

埋め込みツイッター

取得失敗;;
Now: 2017/10/17 14:51:01 JST

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

最近のコメント

2017年10月

 日   月   火   水   木   金   土 
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

埋め込みQRコード