UEFIの呪縛

| コメント(0) | トラックバック(0)

あけました。

去年のことは置いておこう。

UEFIについてだ。

MSDNの記事によると

  • UEFIには32bitと64bitがある
  • 32bitUEFIでは32bitWindows、64bitUEFIでは64bitWindowsしか起動できない

とある。

つまり、今Windows8.1をプリインストールしているPCは、そのアーキテクチャ制限のWindowsしか起動しないことになる。

32bitWindows(多くの場合、with Bing)をインストールした廉価タブレットは、たとえCPUが64bit対応していたとしても、基本的に32bitの呪縛から逃れることはできないということだ。

基本的ということは、例外はある。

  • BIOS互換モードを持っていた場合:この場合はUEFIのパフォーマンスやセキュアブートなどの機能を捨てる代わりにどんなOSのインストールも可能になる。
  • メーカーが、異なるアーキテクチャのファームウェアを提供していた場合:ファームアーキテクチャの変更って、かなりキケンそう。

廉価タブレットはこの例外の適応外のため、呪縛から逃れる術はない。

過去記事にもあるとおり、W4-820への64bitWindowsインストールを試みたが、完全なる失敗に終わっている。

では、64bitUEFIと32bitUEFIのどちらが良いのか。
個人的には64bitUEFIをお勧めしたい。
64bitUEFIならば、64bitWindowsがインストールでき、Hyper-Vの利用も可能。
ゲストOSとしての32bitWindowsも利用できるからだ。
最近のCPUは普通に64bit対応しているし、その機能を眠らせることもあるまい。
今後32bitOSが淘汰されるかは不明だけど、いつまでも残るとは考えにくいし。

問題になるのは、買いたいPCやM/BにどっちらのUEFIが載ってるかを知る方法。
メーカー製PCならばプリインストールOSのアーキテクチャと同じ。
M/Bの場合は、済みません、調べたけど分かりませんでした。
※あるPCパーツ販売店ツクモ店員に聞いてみたけど知らないらしいです。
ってことは、M/BのUEFIと違うアーキテクチャのOEM版Windowsをセット販売している場合もあるってことで注意が必要。

まぁ、PC使う多くの人はOSのインストールなんてしない世の中になってしまったから、このあたりの話は本当の意味でPCを構成する人にしか意味は無いのかも知れないけれど、安全で快適なPCライフを満喫するためには押さえておきたいポイントの1つではある。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.fne.jp/mt/mt-tb.cgi/792

コメントしちゃいなよ

    

サイトカウンタ

Total: 198,843 Hits, (Recent24Hours: 19 Hits)
~ Since 2010/01 ~

埋め込みツイッター

取得失敗;;
Now: 2017/05/29 1:36:10 JST

このブログ記事について

このページは、ふぅみんが2015年1月24日 21:44に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ネットワーク構成再考」です。

次のブログ記事は「新年度前のアップデートってわけでもない」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2017年4月

 日   月   火   水   木   金   土 
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

埋め込みQRコード