Softの最近のブログ記事

前の10件 3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13

サイトA(仮)へのアクセスで、Wimax経由だと、レスポンスが無いという現象に見舞われている。

サイトAを運営しているところへ問い合わせをしたが、アクセスログ的にはレスポンスは返されているらしい。

その応答パケットがロストするということは、経路上のどこかで意図的か非意図的か不明だが、フィルタリングされている可能性が高く、A以外のサイトでは発生したことが無いとなれば、ホスト名がキーになっている可能性も捨てきれない・・・と。

このブログで使ってるBフレッツ経由だとアクセスできるため、ARRを駆使してリバースプロキシっぽいものを構成すれば・・・と思ったが、ARRのリバースプロキシはARecX以外うまくできたためしが無かったのも事実である。

IE9を入れる

| コメント(0) | トラックバック(0)

LOOX U50にIE9を入れて久しい。

IE8ではタイトルバーも含め上部に3段必要だったのが、IE9では2段で済むようになった分、画面を広く使えるという恩恵を受けることができる。

横長な画面が増えてきているので、これはありがたい場面が多いと思われる。

ただ、LOOX U50などの場合、縦幅も横幅も無いので、操作部がコンパクトになり過ぎて、使いづらい一面もある。

慣れかも知れないけれど。

Windows 7 SP1適用後の、ServicePackのバックアップファイルを削除・・・できてません。

http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/1373delsp1back/delsp1back.html

のとおりやっているのだが、530MBほどのバックアップファイルが残り続ける。

DISMも試したが、0x8004232cエラー。

MicrosoftUpdateだからかと思ったが、Google検索結果からどうも、VHDブート構成が関与してるような気がしてきた。

でも、解決策は今のところ不明。

とにかく消さなければ、Cドライブは20GBしかなく、残り1GBを切る勢いなのだから。

どうしたものか。

#このブログサーバーの話。

Thinkpad X201 Tablet用に750GBHDDを用意し、Windows Server 2008 R2のインストール。

もちろん、with SP1(MSDN経由)。

当然のことながら、ドライバ類の自動アップデートも効かないので、ドライバを一つずつインストールせにゃならん。

1日がかりでOSのダウンロードからインストールメモリ作成、VHDブート領域作成とかやって、インストールできたけど、無線LAN認識しないので、ドライバと機能を追加して、いまここ状態。

まだまだこれからだけど、R2SP1のHyper-VをThinkPad X201 Tabletで動かすってのはなかなか期待大。

最近多い

| コメント(0) | トラックバック(0)

卒論とか修論とかのせいか、大学アドレスから過去記事:「覚えておきたいWordの仕様(セクション区切りとページ番号~問題編解決編)」へのアクセスが増えてるっぽい。
ま、いいんだけど。

でも、結局解決したあと、使ってないんだよね、段組み。
結局、大きな紙面じゃないと段組みって使わないんだなぁって思う次第。

でも、解決方法は段組みに限らず、部分セクションに当てはまるから、今後使用する場面もあるかなと。

っていうか、MS製品で分からないことあったら、まず、Microsoftの中の人に訊くべきだよなぁとも思う。
なんてね。

リモートFAX

| コメント(0) | トラックバック(0)

このブログ用マシンへのインターネット経由リモートアクセスを可能にしたので、じゃぁ、FAXサーバーにもアクセスしたら、外出先からでもFAX送り放題なんじゃね?
#放題しませんが。

というわけで、ただ今Officeとか設定中。

いままで受信はできてたけど、発信はLAN内からのみ。

今後は、ファイルを転送して、リモートで発信操作可能ってことだな。
#ちょっと手間だけど、たまにしか使わんだろうし、無問題。

Windows Live Mesh、おすすめです。

前記事からの続き。

結局無線LANアクセスポイントの設定画面をARRでリモートアクセス可能にした。
#当然SSLのみの設定。

久しぶりだったので設定でちょっと詰まった。

  • 拡張子拒否で401エラー。
  • 圧縮を切ってなかったので500エラー。
    #これは俺の環境だけかも。

忘れないようにメモ↑。

今回、認証は設定画面のBASIC認証をそのまま使ったので、別途認証の設定は無し。
#いつもは認証モジュールを組み込む。

にしても、ARR、非常に使える。

無線LANアクセスポイント(ルーター)のリセットのため、リモート接続を利用してみた。
利用してみたというか、利用できなかったというか、PHS回線では遅すぎて、忍耐力の限界より現状運用している自動リセットの方が確実だとわかった。
#現状、1時間に1回リセットしているので、15分程度なら、何もせずに待っていたほうが楽。

ぶっちゃけPHS回線では使えないのだが、仮にこれが数Mbps程度の回線であれば使えるんじゃないかと思う。

ただ、無線LANアクセスポイントのリセットに関しては、別途WEBインタフェースを用意するのがいいと感じた。
#またARR使おうかしら・・・

リモート接続

| コメント(0) | トラックバック(0)

Vista以降でしか使えないのかぁ、残念・・・と思っていたLive Meshなのだが、どうやら、Live Mesh本体をインストールするのはVista以降だけど、クライアント(ActiveX)はXPでも使えるらしいということで、やってみた。

方法はこちら(Windows Live Meshを使ってインターネット経由でリモート・デスクトップ接続する - @IT)。

バッファローRAMディスクユーティリティだけじゃないと思うのだけど。

再起動時にファイル復元できてない原因は、DBファイル(.mdf, .ldf)があるせいじゃないかと。
ファイルを掴んでいる状態で、バックアップできてないんじゃないかと。

サイトコンテンツと、カウント保持用DBファイルをRAMディスクに置いているけど、DBファイルの読み書きはSQLServer任せ。
SQLServer停止まで掴みっぱなしか、もしくは、サービス停止直前に離す際のなんらかの更新によって、RAMディスクのバックアップ処理が追い付かなくなることが原因のような気がしている。

やらないけど、多分、DBファイルをRAMディスク外に置けば復元できるような気がする。

SQLServerサービスをRAMディスクに依存しちゃえば、改善されるかも知れない。

 

前の10件 3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13

サイトカウンタ

Total: 211,632 Hits, (Recent24Hours: 0 Hits)
~ Since 2010/01 ~

埋め込みツイッター

取得失敗;;
Now: 2019/03/19 18:53:28 JST

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちSoftカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはHobbyです。

次のカテゴリはStudyです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2019年3月

 日   月   火   水   木   金   土 
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

埋め込みQRコード