Hardの最近のブログ記事

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

もう半年くらい前になりますが、LG Gram を買いました。

KEIAN WiZ KI14HD 続き

| コメント(0) | トラックバック(0)

前回の補足を少々。

32bit OSをインストールできるか試してみました。

結果はダメでした。64bitUEFIのみのようです。

テスト環境等で32bitOSをインストールしたい場合は、Hyper-Vを利用するしか無さそうです。

メモリが足らんかも知れません・・・

KEIAN WiZ KI14HD

| コメント(0) | トラックバック(0)
これ買ってみました。某所で1.3万円くらいでした。

環境覚書(その1)

| コメント(0) | トラックバック(0)

忘れてしまう前に思い出したように書いておく。

まずはドメイン鯖を構成する。

あけおめ、ことよろ、福は内。

久しぶりの投稿。生存報告。

最近、小さいPCが安く買えますよね。

でも、ストレージ容量が心もとない、そんな私。

メモリやCPUは仕方ないけど、ストレージはなんとかなるんですよ、ってことで。

復活してみた

| コメント(0) | トラックバック(0)

なにやら、内蔵WiMAXモジュールがお亡くなりになったらしく。
#仕事が超忙しい時に限ってこれだからなぁ・・・

2週間くらいこのサイトもシボンヌだったようでございます。

で、もう、WiMAXに見切りをつけるときかなって思いまして。

WiMAXだとプロバイダによってはグローバルIP貰えてたりするので、こういうサーバを構成するにあたり、かなり重宝だったのですががが。

さすがに、最近のWiMAX速度低下は目に余るものがあるので、何とかIPアドレスの必要性と、回線種類を切り分けられないかとととと。

スイッチ

| コメント(0) | トラックバック(0)

人というのは、ときに普通ならば作らないはずのものを作ってしまうのです。

事の発端は、Excelでファイルが開けない、無応答になるというものでした。

何回、何十回と体感するうちに、あ、これは無限待ちじゃないかと思うようになりました。

そして、ふとした閃きでLANケーブルを抜いた状態で、同じファイルを開くと・・・なんとストレスなく開けるじゃないですか。

ここで:

何らかのネットワークアクセスがあるのではと疑い、パケットとか調べちゃうのは、ネットワーク屋さん。

Excelファイルに何かよからぬリンクが無いか確認しちゃうのはプログラマ。

さて、私はというと・・・

ま、とりあえず、両方やろうとしましたし、なんとなく変なリンクも見つけはしましたが、それじゃなにも解決にならないと。

そういうExcelファイルにいつ遭遇するか分からないし、遭遇するたびに解析なんてしてる時間は勿体ない。

LANケーブル抜けば解決するなら、Excelファイルをローカルに持ってきてケーブル抜いて開けばいいと。

でもね、LANケーブルのコネクタって、あの爪って結構脆かったりするんです。そうでなくとも、デスクトップPCの裏に手をまわして抜くとか、隠れたところに置いてあるHUBから線を抜いてまた挿すとか、面倒だし、間違えて他の人のLANケーブル抜いたりしたらマズイわけですよ。

じゃぁ、ケーブル抜かずに、切断するには・・・スイッチ付ければいいって考えたわけです。

早速、4回路連動のスイッチを購入し、LANケーブルじゃないTELケーブルをはんだ付け。
RJ11コネクタを切り落として、RJ45コネクタにすれば、4芯ながらもLANケーブルの出来上がり。
100MbpsまではOKですので、ビジネス用途には十分です。

簡単にLANの切断ができるスイッチ付きLANケーブル、用途は・・・・ほとんどありません。

でも、例えばウィルス感染時に一瞬でLAN切断できるのは便利ですね。
#あまり機会が無いので、スイッチの存在を忘れてしまいそう・・・

ってことで、暫定対応の完了でございました。

-- 材料 --
4回路スイッチ:350円
LANケーブル延長コネクタ:300円
TELケーブル(5m):個人在庫
RJ45端子:個人在庫

UEFIの呪縛

| コメント(0) | トラックバック(0)

あけました。

去年のことは置いておこう。

UEFIについてだ。

このブログに対してスパムコメントが増えてきたので、対策をせねばと思いつつ。

敢えて
ThinkPadは死んだ
と書かせてもらう。

・サポートがダメ

いくつかの理由はあるが、まず販売も含めサポートがダメ。

Lenovoになってから、何度かサポートを受けたが、そのどれもが地に落ちていた。

「在庫確認して発注入金したのに、発送予定日に確認すると在庫切れ」
「WEBに載ってたスペックと異なる製品が届いた」
「事実確認できる情報を含むの回答が得られない」
「他サイトへの個人情報流用」

など。

これを見ると、中国企業は、「確認をしない」んだなーってことがわかってきた。
在庫の確認をしない。
製品スペックの確認をしない。
現象の原因の調査確認をしない。
個人情報適用範囲の確認をしない。

気を付けた方がいいよ、Lenovoの販売サイトにアカウント登録してる人。
何に利用されるか・・・

んで、これを問題と捉えて、何か対策(大げさに言うと再発防止)とかしないのが中国クオリティ。
何度も再発する。だって問題認識しないんだもん。

ThinkPad Tablet 2 シボンヌ

| コメント(0) | トラックバック(0)

Thinkpad Tablet 2がお亡くなりに。

よくわからんのだが、どうやら、充電専用MicroUSBからの給電がダメになったらしい。
#BIOSで内蔵バッテリ無効にしたら、起動しなくなったった。

Think系列でも、Lenovoになってからの製品はダメである。
製品もサービスもダメ、それがLenovoクオリティ。

さすがに、自己修理も無理なので途方に暮れる。

中に保存されてるであろうデータはどうしよう・・・
自動ログオン設定してあるので、修理にも出せん・・・
本体の予備はあるけど・・・

あ、これ、クレードルみたいな周辺機器ってなかったっけ?
ググるとドックっちゅうのがあって、給電できるみたいなので、Amazonで発注。
#単なる台なのに、高いことこの上なし。
アキバかどこかでジャンク漁った方がよかったかも知れないけどな。
それでダメなら死蔵廃棄処分か、完全分解破壊廃棄だな。

こういうことがあって、気付くのは、組み込みオンボードの記憶装置の扱い。
装置が壊れてアクセスできなくなっても、データは残っている可能性が高い。
壊れたからと言って、ジャンクとして売ったら、直せる人が直したら、中のデータ取り出されちゃうかもしれない。
メーカー修理にしても、中のデータは何とかしておきたい。
機密性が高いデータならばなおさら。

リセットスイッチ付けろとは言わんし、そんなもん要らん。
ただ、ビジネス向けには、データは取り外しできるようにしておいて欲しいと思う。

企業内で使うPCなんかに、オンボードSSDのマシンなんて使っちゃだめですよってことだな。
Windowsタブレットが普及しづらい原因ですわ。
データは全て外付けストレージ(MicroSDとか)に置くとかしないと、困った時に超困ることになる。

スマホなんかには、リモートデータ消去の仕組みがあるけど、Windowsにも何か似たような仕組みが欲しいかも知れない。
#オフラインでも対応できる方法が必要やね。

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

サイトカウンタ

Total: 211,632 Hits, (Recent24Hours: 0 Hits)
~ Since 2010/01 ~

埋め込みツイッター

取得失敗;;
Now: 2019/04/26 19:38:10 JST

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちHardカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはFoodです。

次のカテゴリはHobbyです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2019年3月

 日   月   火   水   木   金   土 
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

埋め込みQRコード