2014年6月アーカイブ

1

Windows 8.1 Embedded その2

| コメント(0) | トラックバック(0)

試しにx64版もインストールしてみましたよ。

ディスク使用量は少し増えて8~9GB。

さて、64bitということで個人的にはHyper-V使えるかってことが一番気になるんだけど、仮想マシン上では機能の有効化ができないので推測になるけど、有効化のツリーにはグレーアウトながらも項目だけは存在しているので、こいつは使えそう。

ノートPCにHyper-Vを構成する場合に親パーティションが使用するメモリ容量とHDD容量は絶対に無視できないが、Embeddedならそれを減らすことができる(はず)。

これは、実機で試さないといけない。

英語版と日本語版

| コメント(0) | トラックバック(0)

Azure仮想マシンで簡易作成でWindowsを選択すると、英語版なわけですよね、普通。

そのままでは理解半分な日本人なので、日本語化しますよね。

言語パックインストールして、ロケールとかシステムデフォルトとか変更して、日本語版にするわけですよ。

って、できたものは、日本語版?

じゃないんですね。

日本語版isoイメージでインプレースアップグレードすると、これが、失敗するんですよね。

失敗っていうか、英語版じゃないって怒られる。

x64とx86とか以外にも、確認すべき項目でござった。

Windows 8.1 Embedded その1

| コメント(0) | トラックバック(0)

F-07Cにインストールした、Windows 8は重過ぎなので、どうにかせにゃならんと考えていたが、とあるきっかけで、Embeddedでいいじゃんということに。

まず、インストールできることを確認してみるため、Hyper-V環境に、

  • CPU:1Core
  • MEM:1GB
  • VHD:10GB

の環境を作成してインストールしてみたところ、余裕で入ったことが驚き。

とはいえ、ThinPC並みの4GBでは無理だけど。

32bit Industry EnterpriseでHDD使用量は6~7GB程度。

最近の32GBタブレットには十分な模様。

F-07Cにも余裕がありそげ。
#F-07C用にアップデート出しちゃえばいいのに>富士通。

同じ富士通だけど、LooxU50Xにも入れたいと考え中。
#確か、SSD入れたところで放置してたかと・・・

CDのスリムケースくらいのサイズで、Windows Embedded端末どこか、出さんかね?
ハードウェアテンキーとトラックポイント(アキュポイント)付きで。

1

サイトカウンタ

Total: 203,439 Hits, (Recent24Hours: 34 Hits)
~ Since 2010/01 ~

埋め込みツイッター

取得失敗;;
Now: 2017/10/17 14:49:31 JST

このアーカイブについて

このページには、2014年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年5月です。

次のアーカイブは2014年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2017年8月

 日   月   火   水   木   金   土 
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

埋め込みQRコード