Hobbyの最近のブログ記事

前の10件 4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14

まぁ、-2007となっているけれど、2010にも対応ですよ。

BasicFreeがあります。

Free Editionには目新しい機能はありませんが、少しだけ内部処理(とプロジェクト構造)を変えたのでマイナーバージョンアップしました。

Basic EditionにはMD2とMD4を追加してみました。
どちらも今となっては実用性が薄れていますが・・・

Basic Editionには、まだ追加関数があります。

目玉は円周率。
円周率数百桁~数万桁を計算に利用しちゃってください。
できるのは四則演算程度ですが・・・

他にも追加関数があるので、レジストして使ってくださればと思うのですが・・・

まず近道を探してみる

| コメント(0) | トラックバック(0)

XPのDDKと最新のWDKを落としてきて、英語とにらめっこしたり、サンプルコード見たりしてるんだけど、いまいちよく分かっていない。

やりたいことは分かっている。
IPパケットの書き換えだ。

直接TCP内容を書き換えるか、宛先だけをを書き換えて別プロセス(socketベースのアプリケーション)で書き換えを行わせるか、どちらかの方法でできるはずだとは考えているのだが、やはり、よくわからない。

Vista以降の場合、何とかサンプルになりそうなものを見つけはしたものの、XPでの方法がよくわからない。

やはりいきなりドライバってことに無理があるのだろうか?
最初から順番にやっていかないとダメなんだろうか?

大いに悩む

| コメント(0) | トラックバック(0)

OverSsl Clientのコンセプトは良いはずだ。
暗号化で安全な通信経路を保障しちゃうのは結構ありがたいはずだ。
だが、問題はいくつかある。
#STARTTLSに対応できないのはコンセプト上、仕方ないのだが。

一番の問題は、アプリケーションの設定を変更しなければならないことだ。
この変更に対応できない場合はとても残念なことだが利用できない。
例えばWWWブラウザなどはその最たるものだ。

そして、それは、サーバーを固定指定することに起因する。
OverSsl Serverの場合は、この仕様で問題ないのだが、Clientでは問題となるわけだ。

他にも問題はあるのだけれど、この問題が解消できると、クライアントアプリケーションの設定を不要にできる可能性が出てくる。
つまり、あまりネットワークを知らない一般ユーザでも導入が簡単になる可能性がある。

http://internet.watch.impress.co.jp/docs/column/jirei/20100714_380352.html
↑この事例とそのあとの話の繋がりは少しおかしい。

無線LANの暗号化は、アクセスポイント-無線機器の間で行われるもので、通信経路全体を暗号化しているわけではない。
だから、WEPだろうがWPA/WPA2だろうが、アクセスポイントまで到達できてしまった通信は、それより先では無防備になる。
WEP解読云々は別の話である。
APで受け取ったパケットを解析すれば、無線LANの暗号化なんて、関係ないのだから。
#だからといって、無線LAN暗号化が不要だとか、知らないAPを使っていいというわけではないので、注意。

記事の事例に限れば最も重要な解は、記事の最後の方にあるメールのSSL暗号化だ。

通信中の情報保護をするのなら、通信経路全体を暗号化する必要がある。
通信経路全体を暗号化するのならば、やはり、クライアントからサーバーまでEnd-to-Endの暗号化が保障されたほうがいい。
SSL暗号化はその一つの解で一般的だと思う。

古いクライアントアプリケーションだと、SSL暗号化通信に対応できてないものもあるので、そういう場合は、OverSsl *を使えばいいのにって話になる。
#iOSには対応しておりませんが。

ただ、メールの場合、暗号化されたところで、所詮メールサーバーまで。
そこから先の転送(目的のアドレスのメールボックスを保有しているサーバーへの通信)が暗号化されていないと意味は薄れるわけだが。

Excelアドイン評価完了

| コメント(0) | トラックバック(0)

円周率を追加したアドインの評価を完了。

あとはドキュメントだけ。

鋭意執筆中。

公開されるのは来週・・・かな。

んー、おまけにいくつか関数ぶち込んであるんで、ぜひレジストして全関数を使ってほしいのだけどなぁ。

というのはさておき、現在公開中の0.7.1にもある問題が解決できていない。

なんか、できそうだったので、やってみた。
元ソースは過去のC/C++コード

非同期パケットダンプがちょっと固まりやすいけれど、一応できた。
固まるってのは、Rawパケ採取にBackgroundWorker使ってんだけど、激しいProgressChangedによって、Form描画が詰まっちゃってるっぽい。←応急処置入れたので固まりにくくなったと思う。
あと、停止時に例外出るのは仕様。

一応、実行ファイルだけ置いておく。

OverSsl使った場合、ちゃんと暗号化されていることが、視覚的に分かるぞ。

さすがに、XP以降じゃないとダメかも。
要.NET Framework 3.5だし。
IPv6でも動くかも知れないけど、未確認。
#IPv6ヘッダ解析はIPアドレス部分だけ入れてあるつもりだけど。
(追記)実行には管理者権限が必要です。

とりあえず、フルマネージコードでRawパケ採取できることが分かったことは収穫。

いつからかは定かではないけれど、キータイプ属性値に変更があったようで。

CUS と Custom Key の両方に対応してはじくようにしたので、変更前でも変更後でもOK。

本当はもっと効率がいいXSLT記述があると思うけど、個人的には、元XMLに手を加えることなくテーブル表示できるだけでいいので、これで十分かつ超便利。

またまた困る

| コメント(0) | トラックバック(0)

そして、アドインを登録しようとして、重大なエラーとやらが出る。

Heap blockなんとか~ってエラーだとわかり、解放時のエラーらしいというのは分かったのだが、デバッグモードでトラップするのは、非常に困難。

  • Excelにあらかじめアドイン(ちゃんと登録できるやつ)を設定しておく
  • デバッグビルド物件に置換
  • VSデバッグモードでExcelを起動(アドインを引数にしない)
  • 操作等を実施
  • 例外ダイアログが出たら、デバッグでコードが出るところまで何度かボタンをクリック

これで、何とか原因を突き止めることができる。

今回の問題は、デバッグ実行時の引数にアドインを指定してると呼び出されない関数にあったので、はじめはわけが分からなかった。
#現在リリースされているものとは違うコードです。

こういう手法に気付くまでが大変だけど、コードや呼び出し履歴を掴めれば、どこの何が原因かを判別するのが容易になる。

ま、PRですし、既出ですが。

まずは、OverSsl Clientをインストールして、↓こんなふうに設定を追加しますよ。

予告の変更

| コメント(0) | トラックバック(0)

ま、気にする人はいないだろうけど、メモがてら。

  • 絶対値・・・実装。
  • 円周率・・・実装。
  • SQRTPI相当・・・実装延期。
  • 桁指定・・・実装延期。
  • SUM系・・・実装延期。
  • 数値化・・・追加実装。

ま、こんなところか。

円周率は出せているし、絶対値も現状用意済みの内部関数を呼ぶだけ。
あとは数値化だが、これも何とかなったっぽいので、これで、出せる・・・と思うのだが、デバッグモードで実行すると、例外がボロボロ出るところがあるので、原因を調べてからにしたい。

数値化はとても便利かも知れない。
#現状、Excelには255文字以上の数値文字列を数値化する関数が無い。

64bit版もできるんだけど、これは要望か何かがあるなら考えるけど、メジャーバージョンアップまで非公開の予定。

前の10件 4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14

サイトカウンタ

Total: 211,632 Hits, (Recent24Hours: 0 Hits)
~ Since 2010/01 ~

埋め込みツイッター

取得失敗;;
Now: 2019/03/19 19:07:13 JST

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちHobbyカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはHardです。

次のカテゴリはSoftです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2019年3月

 日   月   火   水   木   金   土 
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

埋め込みQRコード