マネージコードでRAWパケット採取

| コメント(0) | トラックバック(0)

なんか、できそうだったので、やってみた。
元ソースは過去のC/C++コード

非同期パケットダンプがちょっと固まりやすいけれど、一応できた。
固まるってのは、Rawパケ採取にBackgroundWorker使ってんだけど、激しいProgressChangedによって、Form描画が詰まっちゃってるっぽい。←応急処置入れたので固まりにくくなったと思う。
あと、停止時に例外出るのは仕様。

一応、実行ファイルだけ置いておく。

OverSsl使った場合、ちゃんと暗号化されていることが、視覚的に分かるぞ。

さすがに、XP以降じゃないとダメかも。
要.NET Framework 3.5だし。
IPv6でも動くかも知れないけど、未確認。
#IPv6ヘッダ解析はIPアドレス部分だけ入れてあるつもりだけど。
(追記)実行には管理者権限が必要です。

とりあえず、フルマネージコードでRawパケ採取できることが分かったことは収穫。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.fne.jp/mt/mt-tb.cgi/240

コメントしちゃいなよ

    

サイトカウンタ

Total: 211,632 Hits, (Recent24Hours: 0 Hits)
~ Since 2010/01 ~

埋め込みツイッター

取得失敗;;
Now: 2020/07/15 17:53:09 JST

このブログ記事について

このページは、ふぅみんが2010年7月12日 02:06に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「MSDNプロダクトキー変換表示用XSLT/XMLコード修正」です。

次のブログ記事は「冷却ファンの音」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2020年1月

 日   月   火   水   木   金   土 
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

埋め込みQRコード