とりあえずできた

| コメント(0) | トラックバック(0)

OS-1用の電源供給基盤をつくっていたのが、できましたとさ。

USB5Vから3.3Vを生成して両側の+Vに供給もできるし、OSX-1標準添付のアダプタも使える。
#物理的に干渉しての排他。

USBからの給電時は信号線をパススルー。
#できてるはず、多分。

20121110_OS1.png

下に写ってるのがOS-1。
上に写ってるのが作った基盤。

くっつけるとRJ-45部分が干渉するので、削って穴をあけてある。

本当は、さらに足を延ばして、ブレッドボードに刺さるようにしたかったけど、はんだ付けスキルが足りないため断念。

くっつけてると非常にコンパクトで、PCのUSBに刺すだけで電源ONに。
あとは、LANケーブルを繋げば、即プログラムが楽しめる、そんな素敵仕様。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.fne.jp/mt/mt-tb.cgi/711

コメントしちゃいなよ

    

サイトカウンタ

Total: 201,481 Hits, (Recent24Hours: 29 Hits)
~ Since 2010/01 ~

埋め込みツイッター

取得失敗;;
Now: 2017/08/17 18:46:32 JST

このブログ記事について

このページは、ふぅみんが2012年11月10日 22:31に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「その後の Windows 8 on LOOX U50」です。

次のブログ記事は「えいすうす」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2017年4月

 日   月   火   水   木   金   土 
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

埋め込みQRコード