びっくりカキ丼@とんまさ

| コメント(0) | トラックバック(0)

結論から言おう。
太りました。
以上。

以下本題。

まだ夜も明けない早朝、一番の電車に飛び乗り一路西へ。
目指すは奈良県大和郡山市にあるとんまさだ。

とんまさは若鶏から揚げ定食(大)や超巨大なとんかつなどで有名だが、この時期のカキフライも有名。
#とんかつの店だけど、俺、とんまさのとんかつ、喰ったことないなぁ。
今回の目的はカキフライをたらふく喰うことにある。

電車を乗り継いでJR郡山駅に着いたのは11時過ぎ。
そこからちょいと坂道を登り気味に15~20分ほど歩くと、目的地とんまさが見えてくる。

ランチタイムなので店内には10人ほどの客。
若鶏からあげ定食(大)に挑戦中の方も。<ほどなく、半分ほどお持ち帰りしてますた。

101223-114305.jpg101223-114325.jpg

「びっくりカキ丼」を注文する。
そのために来たんだから。
#通称「びっくり」または「びっくり丼」らしい。

101223-114815.jpg

時間が掛かるかと思ったのだが、10分もしないうちに、店主の「ほれ、これがあんたの」という声。
見ると、深さこそ無いもののおおきなお椀にカキフライ山盛り状態(かぞえてないけれど20以上)。
1粒1粒が1個のカキで、いわゆるニコイチなどではないため、元の状態の大きさが結構大粒(巨大まではいかないだろうが)と予想される。
さらに豪快に注がれる(?)たまご汁。

101223-114842.jpg101223-115013.jpg

このカキフライ丼はタルタルソースではなく、ダシ汁だくだく状態で喰う。
#ダシ汁にはたまごと玉ねぎと醤油と砂糖と・・・何かいろいろ入ってるっぽい。

できあがりがこれだ。

101223-115100.jpg

101223-115114.jpg

喰います。
カキフライ多過ぎでごはんに届かないので、味噌汁の蓋へいくつか退避させつつ攻略します。
#フライ衣のサクサク感を残しておきたい場合は必須作業!

いわゆる牡蠣独特のエグ味とかにおいとか、全く無いんですな、これが。
今まで喰ってきた牡蠣ってどこかしらエグくて、たくさん食べるとそれが気持ち悪くなってきたりしたんだけど、そういう気持ち悪さは無い。
あぁ、牡蠣も貝だったんだなぁという、感じのする味。
汁が多く(こぼれてます)、味も濃いので、食べ進めるのは非常に楽。
だけど・・・カキフライのエグ味で気持ち悪くならなくても、喰い過ぎできつくなるのは致し方ない。
ごはん、最初来たときは固すぎて不味い飯(失敬!)だなぁと思ったけど、汁だく丼にしたら、ちょうどいいじゃないか。

少々きつくなってきたころ、完食。
ご飯の量的には、牛丼キングよりもだいぶ少な目なので、普通の人でも少し頑張れば完食できるはず。

これで、1995円。
カキフライ1個100円しない計算。
素晴らしいじゃないか。

101223-121236.jpg

ごちそうさまでござる。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.fne.jp/mt/mt-tb.cgi/399

コメントしちゃいなよ

    

サイトカウンタ

Total: 199,990 Hits, (Recent24Hours: 58 Hits)
~ Since 2010/01 ~

埋め込みツイッター

取得失敗;;
Now: 2017/06/28 4:09:24 JST

このブログ記事について

このページは、ふぅみんが2010年12月29日 21:52に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「チャージ失敗」です。

次のブログ記事は「望まれる機能」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2017年4月

 日   月   火   水   木   金   土 
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

埋め込みQRコード