塩味付きゆでたまごの制作(改訂版)

| コメント(0) | トラックバック(0)

過去記事にした方法では失敗が多く、最近、比較的うまく出来る方法を獲得したので、そちらを書いておく。

用意するもの:生卵、塩、ラップ、キッチンペーパー、ポリ袋、鍋、水、空ペットボトル、湯、火。

  1. ペットボトルに塩を入れる。目分量で、そんなに多くなくていいはず。
  2. ペットボトルにお湯を少し入れる。これも目分量。
  3. ペットボトルを振り、塩が溶けきってしまったら、塩追加。僅かに溶け残る程度にする。この時点でペットボトルの塩湯の量は卵1つに対し、10~15cc程度(キッチンペーパー1枚が濡れ切る量)でよい。
  4. 鍋に水と生卵と塩を入れ、火にかけ、ゆでたまごをつくる。
  5. ラップを適量用意し、キッチンペーパー1枚を重ねる。
  6. キッチンペーパーに塩湯を垂らす。
  7. 殻つきのままのゆでたまごを濡れたキッチンペーパーで包み(可能ならこの時点で塩湯追加)、さらにラップで包む。
  8. できた包みをポリ袋に入れて乾燥を防ぐ。
  9. これを1~3日放置(冷めたら冷蔵庫で放置)する。

前回の塩を直接振る方法だと、溶けきらないために味の浸透が弱いが、今回は、あらかじめ水溶液になっているので、失敗が少ない。
そして、前回同様、多量の飽和食塩水を用意することもないし、漬けるために容器を用意する必要もない。
#放置し過ぎても、それほど味が濃くならないのも利点。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.fne.jp/mt/mt-tb.cgi/221

コメントしちゃいなよ

    

サイトカウンタ

Total: 211,632 Hits, (Recent24Hours: 0 Hits)
~ Since 2010/01 ~

埋め込みツイッター

取得失敗;;
Now: 2020/11/01 7:47:37 JST

このブログ記事について

このページは、ふぅみんが2010年6月23日 14:14に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ページ追加」です。

次のブログ記事は「アイ・オー・データ機器(IOデータ)の製品は買うだけ損ってこと」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2020年1月

 日   月   火   水   木   金   土 
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

埋め込みQRコード