小容量ディスクでのMicrosoft Security Essentialsの定義更新

| コメント(0) | トラックバック(0)

Microsoft Security Essentialsの定義更新に失敗するようになった。
#ただし、容量2GBVHDのXPでのこと。

HDD空き容量不足と考えている。

もとより無理矢理な詰め込み状態ではあるのだが、5月中頃から、空き500MBでも定義更新に失敗するようになった。
困ったものである。
しかも、結果として「接続できませんでした」としか表示されない。
#途中経過で、「ダウンロードしています」とか表示されるのに。

対処法は、あらかじめ定義ファイルを削除してから手動更新をかけること。
Microsoft Security Essentialsは定義ファイル群のバックアップを保持するため、その分を減らすのと、バックアップ処理を行わないことで、処理も減り、ディスク容量は少なくて済むようになる。

ホワイトリストにしても、ブラックリストにしても、定義ファイル容量は増加こそすれ、減少することはないので、いずれこの方法でも対処できなくなると思われる。

サービス起動中は定義削除できないので、net stop MsMpSvc等でサービスを停止してから、定義ファイルを削除する。

バッチファイル化しちゃうのが便利。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.fne.jp/mt/mt-tb.cgi/199

コメントしちゃいなよ

    

サイトカウンタ

Total: 202,662 Hits, (Recent24Hours: 33 Hits)
~ Since 2010/01 ~

埋め込みツイッター

取得失敗;;
Now: 2017/09/23 7:38:30 JST

このブログ記事について

このページは、ふぅみんが2010年5月31日 10:16に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「SEG CLIP」のハンドルリークを再考」です。

次のブログ記事は「IPv6の表記に無駄に困る」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2017年8月

 日   月   火   水   木   金   土 
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

埋め込みQRコード