ルーターを用意して準備完了

| コメント(0) | トラックバック(0)

何度もやってるので今更だけど、Hyper-Vの子パーティションに常用NATルーターってのははじめてかも。

子パーティションにインストールしたWindows Server 2008 R2にDNSとDHCP役割を追加して構成する。

DHCPの権限なしの動的更新とかやっとくと便利。
ActiveDirectory構成すれば不要なんだけど、数台規模でADはマシンパワー喰い過ぎるのでな。

で、ちゃんとDHCPを構成したら、次にネットワーク ポリシーとアクセス ポリシーのルーティング役割を追加すると。

実際のところ、DHCPとかDNSは無くても何とかなるんだけど、あればいろいろ便利なので。
#内向DNSがあれば外部向けWEBサーバアドレスの書き換えもできるし。

これで、無線LANAPとコンバータでLAN構築の準備が整ったということに。
さぁ、有線から無線に置き換えですよ!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.fne.jp/mt/mt-tb.cgi/629

コメントしちゃいなよ

    

サイトカウンタ

Total: 211,632 Hits, (Recent24Hours: 0 Hits)
~ Since 2010/01 ~

埋め込みツイッター

取得失敗;;
Now: 2018/08/21 13:08:28 JST

このブログ記事について

このページは、ふぅみんが2011年12月15日 20:12に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「過信」です。

次のブログ記事は「無線化完了」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2018年7月

 日   月   火   水   木   金   土 
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

埋め込みQRコード