データベース プリンシパルは、データベースの スキーマ を所有しているので、削除できません

| コメント(0) | トラックバック(0)

と言われるのは仕方ない。
SQL Server 2008 R2でのこと。

SQL Server Management Studio のデータベース ユーザーのプロパティで、ついつい「このユーザーが所有するスキーマ」というリストのどれでもチェックしてOKしちゃうと、次回以降、そのチェックを外すことができなくなって、ユーザを削除しようとしても、掲題のメッセージが出て削除できないという状態に陥る。

そりゃスキーマ所有したんだから、メッセージの通りなんだけど、所有解除ってどうやんの?ってところで軽く躓く。

スキーマの所有を解除する方法は、スキーマのプロパティを編集するだけ。

具体的には、所有してしまったスキーマのスキーマ名とスキーマの所有者を同値にしてやればよい。

#コマンドでのやり方は割愛。

 

というのは、Azure用にSDKをインストールしたんだけど、エミュ環境でDBエラーとか出て、NT AUTHORITY\NETWORK SERVICEのログインとかアクセス権とかが不足してるということで、弄った際に、陥った罠だったりする。

ってか、ユーザーのプロパティでも解除できていいと思うんだけどなぁ・・・

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.fne.jp/mt/mt-tb.cgi/578

コメントしちゃいなよ

    

サイトカウンタ

Total: 211,632 Hits, (Recent24Hours: 0 Hits)
~ Since 2010/01 ~

埋め込みツイッター

取得失敗;;
Now: 2018/05/23 18:09:56 JST

このブログ記事について

このページは、ふぅみんが2011年9月17日 23:15に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「70-583」です。

次のブログ記事は「風邪?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2018年3月

 日   月   火   水   木   金   土 
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

埋め込みQRコード