ARecX6の外部サイトにポート番号を指定してみる

| コメント(0) | トラックバック(0)
ARecX6を外部アクセス可能にしたのは、標準ポート(SSLなので443)だったのだけど、ちょっと気になって、他のポート番号でアクセスできるか試してみた。

ポート番号を分ければ、SSL証明書も切り分けることができる(はず)。
80や443以外のポートにできれば、このサイトとは他のマシンで運用することも可能になる。

問題となりそうなのは、Flashの引数。
視聴ページHTMLコードで最下部にあるスクリプト

<script type="text/javascript">
var s1 = new SWFObject('swf/player.swf','player','320','204','9','#000000');
s1.addParam('allowfullscreen','true');
s1.addParam('allowscriptaccess','always');
s1.addParam('flashvars','autostart=true&streamer=[サーバー名]&file=[再生ファイルID]');
s1.write('preview');
</script>

の、[サーバー名]の部分に果たしてポート番号の指定ができるのかという点。

結果は、ポート番号指定(~:8888など)で視聴可能でしたという、実に喜ばしい結果に。
実に素直。
#Windows 7等の場合、ファイアウォールの受信規則を構成するのを忘れずに。

値が張り過ぎるので、取得しないけど、公的証明書欲しい。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.fne.jp/mt/mt-tb.cgi/386

コメントしちゃいなよ

    

サイトカウンタ

Total: 198,874 Hits, (Recent24Hours: 39 Hits)
~ Since 2010/01 ~

埋め込みツイッター

取得失敗;;
Now: 2017/05/29 20:39:27 JST

このブログ記事について

このページは、ふぅみんが2010年12月14日 15:33に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「さよならXP?」です。

次のブログ記事は「TFS2010よさげらしい」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2017年4月

 日   月   火   水   木   金   土 
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

埋め込みQRコード