ListBoxのイベント処理で少し楽をする

| コメント(0) | トラックバック(0)

WPFのListBoxとかでキーボード操作を想定したときに困るのが、Clickイベントが無いことだったりする。

でも、キー入力を確認してEnterキーなら処理を・・・なんてやるのは面倒だ。

常套手段かも知れないけど、Buttonを使って解決してみた。

デフォルトボタンに指定することで、Enterキーを拾ってくれるようになるので、簡単にイベント処理できる。
Button自体はサイズ0にしておけば非表示っぽくなる。
ついでに、ListBox側をTabStop有効&Focus取得可にして、Button側をTabStop無効&Focus取得不可に設定しておけば、フォーカス不明状態も無くなるんじゃなかろうかと。

マウスの方は、中身(DataTemplate)をStretchなButtonで構成してしまえば問題無いはずだ。

その他、細かい調整を必要とするけど、なんとなく意図した動きをするので、よしとしよう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.fne.jp/mt/mt-tb.cgi/345

コメントしちゃいなよ

    

サイトカウンタ

Total: 200,846 Hits, (Recent24Hours: 40 Hits)
~ Since 2010/01 ~

埋め込みツイッター

取得失敗;;
Now: 2017/07/28 15:34:40 JST

このブログ記事について

このページは、ふぅみんが2010年11月 2日 14:47に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ARecX6サイトをもっと書き換える」です。

次のブログ記事は「アプバーふたたび」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2017年4月

 日   月   火   水   木   金   土 
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

埋め込みQRコード