スキーマを書く

| コメント(0) | トラックバック(0)

なんとかうまく動くようだし、リリースするのに足りないものは、マニュアルなんだけど、ことXML(設定ファイル)の記述に関しては、マニュアルよりもXMLスキーマを用意した方がいいはずだ。
#DTDでもいいんだけどね。
XMLツール使えば入力候補くらいは表示してくれるだろうし。

というわけで、XMLスキーマ(XSD)を書いたとさ。

いや、XSDの書き方なんてすっかり忘れてた。
#今も多くの人が利用している(であろう)システムのXSDも書いたことあんだけど、書かなきゃ忘れるよなぁ。

それでも、昔取ったナントカってやつで、書いたさ。

中身はもう少し精査したほうがいいかも知れんけど、URL晒しておく。
設定ファイル用のXMLスキーマ

ま、大して難解な構造ってわけでもない。

これはガチバージョンなので、実はスキーマに沿っていなくても、たとえば、不要な属性とか、不要な要素がいくらか含まれていたとしても、XMLならば何とか読み取るように創ってある。
#入力には優しく、出力は厳しく。
逆に言うと、ガチバージョンで問題無ければ、かなり優良な設定ファイルってことになる。

XMLツールで書くときは、

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<constant
  xsi:noNamespaceSchemaLocation="http://support.fne.jp/software/xlxfuncs/const1_0.xsd"
  xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance">
</constant>

から書けばいい。
#xml宣言のencodingは自由。

VisualStudio2010でもサクサク書ける。
あとは中身を追加していけばOK、みたいな。

XSD自体はリリース物件にも含めるつもりだし、別にnoNamespaceSchemaLocation属性必要ってわけでもないので、URL自体を提供しなくてもいいんだけど、やはり、共通の場所から取ってこれるとよいと思うわけ。
#相対パス指定しちゃうと、設定ファイルを移動したとき、おかしな問題になることも考えられるし。

URLの永続性は今後5年以上保障としておくか。
#ただし、俺が生存している場合<どこか拾ってくれるところがあれば確率上昇。

ま、そんなわけで、あとは、マニュアルだな。
いや、Editionとバージョン(リリースバージョン)の問題が残ってる。
#決めなきゃ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.fne.jp/mt/mt-tb.cgi/320

コメントしちゃいなよ

    

サイトカウンタ

Total: 201,481 Hits, (Recent24Hours: 30 Hits)
~ Since 2010/01 ~

埋め込みツイッター

取得失敗;;
Now: 2017/08/17 18:28:25 JST

このブログ記事について

このページは、ふぅみんが2010年10月 8日 00:35に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「同時視聴数制限」です。

次のブログ記事は「コマンド作成中」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2017年4月

 日   月   火   水   木   金   土 
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

埋め込みQRコード