バージョン管理方法を考える

| コメント(0) | トラックバック(0)

設定ファイルのXMLをバージョン管理できるようにしたい。
そうしなければエンタープライズに耐えられないだろうと思ったわけで。

最初は1.0だけなんだけど、それ以外を無視できるように最初に組んでおかなければ、仮に2.0等の設定ファイル記述を用意した途端、混在不可能となり、サーバとクライアントの同時置き換えしか手段がなくなることになる。
#上位バージョンで差を吸収すればクライアントを置き換え後、サーバの設定を置き換えるって方法はあるけど、そうであっても注意しないといけないわけだ。

最初は、ルート要素にバージョン属性値としてバージョン定義したらOKだと考えていた。
version="1.0"みたいな。

実際、かなりOKな感じなのだが、バージョン混在を考えた場合に対処が困難となる。
何が困難かというと、たとえば、3バージョンのうち2バージョンで有効なものと1バージョンで有効なものの定義を分けたい場合、やはり1組のコピーを要する手間が掛かってしまう点で、スマートじゃないことだ。
いや、上位バージョンで下位バージョンを読み込んでいいのかどうかが分からないってところか。
さすがにすべて書き直さなきゃならないってのは避けたいのでな。

じゃぁ、どうしたらいいのか。
各バージョンに対応した属性を用意して、上位コンパチでいいのかなぁ・・・
だったらバージョン指定しても同じだしなぁ。

やはりバージョン分岐できると便利だよなぁ・・・
いや、そもそも分岐する意味ってあるの?

などと考えていると、袋小路で迷子になるので、またあとで落ち着いて考えることにしよう。

こういうとき、1人での開発は結論を出すのに時間が掛かる。

 

(追記)

フォーマットバージョンと、それを理解する側のバージョンを分けちゃえばいいんだと気づいた。
フォーマットバージョンは理解する側だと上位で吸収できる。
あとは、そのバージョン単独の定義を指定できれば分岐だってできるわけだ。
そうとなれば、それ用の属性を1つ追加して、判断材料にしちゃえばいいってことだ。

無事解決?

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.fne.jp/mt/mt-tb.cgi/318

コメントしちゃいなよ

    

サイトカウンタ

Total: 199,990 Hits, (Recent24Hours: 58 Hits)
~ Since 2010/01 ~

埋め込みツイッター

取得失敗;;
Now: 2017/06/28 3:59:30 JST

このブログ記事について

このページは、ふぅみんが2010年10月 6日 01:18に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「デフォルト値」です。

次のブログ記事は「同時視聴数制限」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2017年4月

 日   月   火   水   木   金   土 
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

埋め込みQRコード