ARRのUser-Agent分岐

| コメント(0) | トラックバック(1)

ARR(UrlRewrite)でUser-Agentによる書き換え分岐をするメモ。

User-Agentはサーバ変数でHTTP_USER_AGENTになっているため、「{HTTP_USER_AGENT}、パターンに一致するor一致しない、User-Agent値」を設定すると、分岐できる。

値に"Shockwave Flash"、一致するときにhttpsに、一致しないときにhttpに書き換えることで、例のARecX6用サイトは1つで済むようになる。

現状問題は出ていない。

トラックバック(1)

トラックバックURL: http://blog.fne.jp/mt/mt-tb.cgi/297

 Android端末のバリエーションを増やしました。 ユーザーエージェント(userAgent一覧)userAgentは、スクリプトやプ... 続きを読む

コメントしちゃいなよ

    

サイトカウンタ

Total: 202,662 Hits, (Recent24Hours: 33 Hits)
~ Since 2010/01 ~

埋め込みツイッター

取得失敗;;
Now: 2017/09/23 7:30:59 JST

このブログ記事について

このページは、ふぅみんが2010年9月10日 23:54に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「悩ましいのはExcelも同じ」です。

次のブログ記事は「MCPセカンドショット2010」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2017年8月

 日   月   火   水   木   金   土 
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

埋め込みQRコード