飯田線ふたたび

| コメント(0) | トラックバック(0)

乗り換え検索すると、岡谷駅12:29発に乗れば、乗り換えなしで豊橋駅まで行けるらしいけど、何とかこれを組み入れて、日帰りが可能であると。

前回は、豊橋から北へ向かったので、今回は逆。

まず、朝一番の身延線で北へ。

富士登山客は富士宮駅で降ります。
結構な登山装備の人々は身延駅で降ります。
単線区間があるので、対向車待ちで遅れることもあります。

うとうとしつつ、甲府駅へ到着。

中央本線に乗り換え。

100817-093536.jpg

うとうとしていると、肝心の岡谷駅を乗り過ごす罠。
慌てると、うっかり、みどり湖駅で降りてしまうことになるが、塩尻駅まで我慢。

そろそろお昼時。
塩尻駅は分岐があるので、それなりに飲食できる設備があったりする。
有名な、立ち食いソバ屋のめちゃくちゃ小さい入口を見つつ、飲食・・・せずに、お弁当をGET。

100817-113503.jpg

お弁当、釜飯弁当だったんだが、陶器というか焼き物の釜だったらよかったけど、プラ。
しかも、レンジ不可。
とても残念。

間に合うかどうか心配だったものの、塩尻駅からリバースし、岡谷駅へ到着したのは、目的の発車時刻の数分前。

100817-122632.jpg

乗車成功。

車内冷房の不調もあったため、去年ほど寒くもなく、防寒対策もあったため過ごしやすいのは助かった。

やや乗車人数が多かったので、せっかくの弁当を喰うタイミングを見失いがちに。
#堪能したけどさ。

100817-134326.jpg

飯田線は、天竜峡付近から南がやはりよいと思う。
今の季節、緑が非常に鮮やか。
天竜川もあり、ダム湖もあり。
目の保養。
#写真はありません。

5時間以上も掛かって、豊橋駅へ。
豊橋で、食事(これは別記事で書きます)をして、帰ってきた。

100817-181447.jpg

綺麗な景色を見て、うまいもの喰って、涼しく過ごす。
夏の贅沢であった。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.fne.jp/mt/mt-tb.cgi/279

コメントしちゃいなよ

    

サイトカウンタ

Total: 201,546 Hits, (Recent24Hours: 26 Hits)
~ Since 2010/01 ~

埋め込みツイッター

取得失敗;;
Now: 2017/08/20 1:34:08 JST

このブログ記事について

このページは、ふぅみんが2010年8月19日 02:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「またズレている」です。

次のブログ記事は「まれなこと」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2017年4月

 日   月   火   水   木   金   土 
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

埋め込みQRコード