多桁開根、30秒台突入

| コメント(0) | トラックバック(0)

高速化ってのは、処理を軽量化する方向でやるのと、そうでない場合があると俺は思う。

前者はたとえば、条件分岐を減らしたり、計算回数を減らしたり、より簡易なコードにすることが多いと思う。
#Simple is Bestってやつ。

今回(今日)の大幅な高速化は後者。

1位にいくつか数を加えた場合の桁上がりを処理するのは、1位値が10を超える場合のみでいいという、いわゆる打ち切り条件を加えた。
#条件によっては効果が無いけれど、今回はやる前から処理分岐率50%で、その分の処理を打ち切れるという、かなの効果を見込んでいた。

桁上がり処理は、全桁を確実にループするため、条件によってやらなくていいというのは、メリットだろうと思ったわけだ。

おまけに、その処理は何度も通るため、結果、条件判断に掛るコストよりも大幅な処理速度改善につながったわけだ。

にしても、びっくりするのは、これで限界と思ってた60秒から30秒台まで高速化できたことよりも、処理のほぼ半分も無駄なことやってたこと。

さすがに俺もこれには笑うしかない。

#その後、もう少し手を入れて、30秒切るところまできました。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.fne.jp/mt/mt-tb.cgi/106

コメントしちゃいなよ

    

サイトカウンタ

Total: 200,019 Hits, (Recent24Hours: 36 Hits)
~ Since 2010/01 ~

埋め込みツイッター

取得失敗;;
Now: 2017/06/28 22:55:29 JST

このブログ記事について

このページは、ふぅみんが2010年2月23日 14:41に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「多桁開根を1分まで短縮」です。

次のブログ記事は「「SEG CLIP」でハンドルリーク放題の予感」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2017年4月

 日   月   火   水   木   金   土 
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

埋め込みQRコード