出力バッファ

| コメント(0) | トラックバック(0)

デバッグ情報をprintfで書き出そうとしてもバッファが喰っちゃって、挙句の果てにどこかで例外が出て肝心の出力ができてないなんて場合がある。

printfが少なければ、printf呼出し後にfflushしてやればいいんだけど、多いと面倒。

そんなとき、

#define printf(...) ( fprintf(stdout, __VA_ARGS__), fflush(stdout) )

をヘッダなんかに書いておけば、何とかなったりする。

printfの戻り値をチェックしている場合には簡単にやっちゃダメなのと、__VA_ARGS__マクロに対応しているコンパイラだけってのには注意。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.fne.jp/mt/mt-tb.cgi/650

コメントしちゃいなよ

    

サイトカウンタ

Total: 211,632 Hits, (Recent24Hours: 0 Hits)
~ Since 2010/01 ~

埋め込みツイッター

取得失敗;;
Now: 2018/11/14 21:08:37 JST

このブログ記事について

このページは、ふぅみんが2012年2月 6日 13:57に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「布団の下に」です。

次のブログ記事は「今日も佐川」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2018年7月

 日   月   火   水   木   金   土 
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

埋め込みQRコード