VC++でバージョン情報リソースを勝手に変更されないようにするメモ

| コメント(0) | トラックバック(0)

要は.rc2ファイルへ移動させればよいのだけれど、プロジェクト雛形によってはrcもrc2も無い場合があるので、メモ。

まず、プロジェクトにリソースファイル(.rc)を追加して、バージョン情報リソースを作成する。
これはVC++の統合環境から実行できる。

次に、.rc2の追加だが、これは面倒。
単に.rc2ファイルを追加してもダメなので、.rcファイルの修正が必要になる。

.rcファイルをメモ帳か、VC++のテキストエディタで開いて、
3 TEXTINCLUDE
の箇所と、
// Generated from the TEXTINCLUDE 3 resource.
の箇所に呪文を追加する。
ただ、呪文は結構難しいので、別途作成したMFCプロジェクトの.rcファイルの記述を参考に記述する。
#もしかするともっと簡単な方法があるかも知れない。

そして、VS_VERSION_INFO VERSIONINFOからの一連のバージョン情報を.rcから.rc2へ移動させる。

移動すると、どんないいことがあるかというと、たとえば、リソースエディタでの変更保存時でも削った不要な情報の再作成が行われないとか、プリプロセッサによる条件分岐を設定しても消されないとか、なんかこんなこともできたりするらしい。

リソースエディタが使えなくなるけど、ある程度プロジェクトが固まったらそんなに編集するものではないので、移動させて勝手に変更されなくするのもアリだと思う。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.fne.jp/mt/mt-tb.cgi/225

コメントしちゃいなよ

    

サイトカウンタ

Total: 200,717 Hits, (Recent24Hours: 22 Hits)
~ Since 2010/01 ~

埋め込みツイッター

取得失敗;;
Now: 2017/07/24 17:41:57 JST

このブログ記事について

このページは、ふぅみんが2010年6月25日 13:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「4回目終了」です。

次のブログ記事は「思わぬ苦戦」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2017年4月

 日   月   火   水   木   金   土 
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

埋め込みQRコード